ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。

お客様! ウーバーイーツの注文は崩れない料理を選んでますか?! by たくやオンライン

 『僕のブログを読む前に聞いてほしいことがあります。このブログはより自由な暮らしの最適化を目指すウーバーイーツ配達員たくやオンラインの挑戦です。UBER EATSとBLOGとYOUTUBEの組み合わせでお金を稼げるようにするためのトライアンドエラー日記です。それではお楽しみください。by たくやオンライン』

ウーバーイーツ配達員をやっていると安心でならないパッケージを紹介いたします。

 昨今ブログを書いていますとどうしても例のアレの影響で書けないネタまで出てきて、ちょっと困ってます。ですが、考えればまだまだお答えできることがあるのではなかろうか? と思いまして、頭を捻り潰し出し切ります。

 ウーバーイーツ配達員をやっていますと当然のようにウーバーイーツのお客にもなったりするんですね。

 やはり両方の視点を持っていると注文する食べ物も変わってきます。

 人それぞれではありますが、なぜか確実に無事に届くものを注文しがち。
 今回はまず、そう簡単にぐちゃぐちゃになることはないパッケージのお店を紹介します。
 メジャーなところで紹介しますが、これが結構大事だと思います。
 なぜなら、やはり大手チェーンはテイクアウトを研究され尽くしていますので、強いパッケージを持っています。

 配達員をやっていると安心でならない。
 そんなお店のパッケージをあえて紹介いたします。

 ・マクドナルド
 ・ケンタッキーフライドチキン
 ・カレーハウスCoCo壱番屋
 ・松屋

 今回はこれら4社になります。

ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。
たくやオンライン

・安定のマクドナルド。

 ウーバーイーツ配達員はまずマクドナルドで育てられると言っても過言ではないでしょうか?
 なので一番安心して頼めるのも間違いない。
 ぐちゃぐちゃになることなんてまずないはずなのです。

 ドリンクの蓋は二重になっていて、まず強引にはずさない限りまず漏れることはありません。
 逆さまにひっくり返してももれません。
 ドリンクを固定するホルダートレーも完璧な企画の物があり、ウーバーバッグの中で倒れることはまずありません。

 それに他のハンバーガーショップと違うところは暖かい物と冷たい物をちゃんと分けて運ぶように指定されるところです。
 料理って温度大事ですからね。
 
 僕が好感を持っているのが、やはりちゃんと袋にシールドをするところです。
 ウーバーイーツ配達員て、とにかく信用されてないですからね。
 袋が封印されているのはこちらも配達していて安心なんです。
 

・崩れるわけがないケンタッキーフライドチキン。

 ケンタッキーはなぜかドリンクを運んだことがなかったのでたまたまかと思っていたらメニューにないんですね。
 なるほど、これで一つ安心だ。

 ケンタッキーフライドチキンもマクドナルド同様、シールドをきちっとされてますし、そもそも箱の中身なんて見えたことがない。

 大抵きっちり収まってるようなので、多少のウーバーバッグの揺れで中身が偏ることもなかなかないはず。
 箱の保応戦も割とよく、暖かい物が届きます。

 比較的ダブルで受け取ることが多いお店ではあるので、お客様はそこを理解していただきたい。
 特に2軒目のお客様にはこう言いたい。

 次の配達員を待つよりは絶対に早く届きます。

 

・完璧なまでの梱包、カレーハウスCoCo壱番屋。

 名古屋エリアでココイチは結構後発でウーバーイーツ加盟店になったんですけど、来た時にはなぜかめちゃ喜びましたね(笑)。

 店舗数が異常に多いですからね。
 そして暇な時間帯も埋めてくるパワーありますから、とても頼もしい。

 そして何よりもパッケージ凄くないですか?

 完成されてる。
 配達員的にですが、強いて言うならウーバーバッグ用には作られていないから、ほんの少し真ん中の仕切りをずらさないといけないところかな?
 さっさとパックできない。

 いつもマジックテープとちょっと戦います(笑)。

 でも、それを除けばどこよりも完璧。

 カレーって漏れやすいものなんですよ。
 ココイチのパッケージでぐちゃぐちゃにする配達員がいたら、申し訳ない。配達員辞めてください。これはマジです。

 ま、それくらい漏れることはないです。

・実は絶対こぼれない、松屋。

 最後は松屋。

 実は配達員は松屋嫌いがたまにいます。
 タワー梱包が嫌いらしい。

 でも、コツさえつかめばなんら問題ありません。
 それもたった一つ。
 袋をきつく縛って固定することさえすれば倒れません。
 積木状に縦に積めますのでバッグのスペースも有効活用できるんです。
 あとは周りに緩衝材を置くだけ。

 イージーです。

 アンパックしてみるとわかるのですが、合体ロボ状態です。
 ライスと具はわかれていて、お客様の手によってドッキングします。
 結構楽しいですよ。

 混ざってないのは料理としてクオリティーが保てますからね。
 とても良いです。
 僕はとてもリスペクトしてます。

 まとめますと。

 今回紹介した飲食店はデリバリーやテイクアウトにたいして企業努力が素晴らしいんです。
 本当これってすごいことなんですよ!

 感謝ですね。

ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください