ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。

『UberEats』廃棄処分、なんて四字熟語を食べ物に使うのはいやだ!

 キャンセル? そんなキャンセルもある? 煮え切らないなぁ〜。

 そろそろ寒さが増してくる頃かな?

 ついこの間まであんなに日差し鬱陶しかったのに今では太陽あっざーす!って感じ。
 あったかい。
 最近の朝とか夜とか結構寒さ感じますよね?
 自転車こいでる時はまだいいんだけど汗がひいてくると急に身震いを感じたりして。
 霊か何か見えないものの仕業かと思いもしますが、そんなことはなくただ寒いだけです。

 その寒さのせいなのか最近トイレが近くなりましてね、めちゃくちゃトイレ行きます。

 きっと僕の前世は犬です。
 
 でも今では僕の姿形は見るからに人間で、人間には社会があって、その社会は公衆の面前で用を足すということを淫らにしてはいけないのです。
 街も綺麗に保たないといけません。

 なのでトイレというものが存在するのです。

 でも、僕は前世が犬にも関わらずちょっと潔癖なところがありトイレは綺麗なところではないといけないのです。
 昨今のトイレ事情は昭和の頃とはうって変わって綺麗なところが増えています。

 男子も座ってすることを強要される時代ですからね。
 令和って恐ろしいです。
 時代は女子中心の世界にシフトしていることは間違いなしで、そして『地球は女で回ってる』のです。(ウッディ・アレン監督)

 たくやオンラインです。

 で、トイレ(まだ話すんかい!)何ですが、ま、緊急の時は公園のトイレが使いやすいですよね、割と綺麗なところも多い。
 でも、夏とかなんか蚊が多くて困りません。
 できれば使いたくない。
 なんだかんだ臭い。

 で、次に使いやすいのがコンビニのトイレ。
 でも、みんながみんな使うのでたまにどうしようも無いトイレもあって、できたら使いたくない。
 ちなみに僕が思うトイレが一番綺麗なコンビニは泉2丁目のセブンイレブンがおすすめ。
 でも泉2丁目にセブンイレブンは3つあるので、どれか当ててみてください。
 大きな駐車場があるところが正解です(言うんかい!)。

 そしてショッピングモールのトイレが意外と綺麗。

 でも、注文がその場所に入っていないと配達の最中に行くのはなかなか難しい、個人的には納屋橋テラッセなんかいいかも?
 
 あとは注文を待たされている時が狙い目、待たされると分かれば「お手洗い借りてもいいですか?」ってすかさず聞きます。
 この時ばかりはどんな店も嫌な顔をせずトイレを使わせてくれます。
 きっとどんな時でも貸してくれるでしょうが、僕は気持ち的に差し引きゼロにしたいんですね。ええ。
 待ってやってるんだからトイレくらい貸しなはれ。
 でも、お店のトイレって中華料理屋以外は大体綺麗ですね。
 でしょう?
 
 さて、2019年10月31日木曜日世間はハロウィンで大盛り上がりです。
 名古屋はオアシス21で盛大に盛り上がっただとか、僕はラッキーなことにこの日は名駅周辺の配達が多く人混みや混雑は避けるかのように動くことができました。
 なのでコスプレの人もあまり見かけることなはなかったです。
 
 ただこの日は煮え切らないことが少々ありまして、まぁ大したことではないのですが、初心を大事に意しているので、少しそのことについて書きます。

 キャンセル。

 ってのがウーバーイーツの配達には時々あります。

 僕が経験したものでいくつか例をあげますと。

 ・一つは注文が入ってからのピックアップ前のお客様によるキャンセル。
 これはそんなに問題もないのですが、勢いよく走り出したりした時に突然キャンセルがくると、ちょっと気持ちが悪いです。煮え切らない気分になります。

 ・もう一つは商品をピックアップしてからのお客様によるキャンセル。
 これはいきなり商品が宙に浮くことになるので困ります。
 食べ物を捨てるのもあれだし、食べるにもお腹が空いていればいいのですが、そう言う時って食べたあとだったりします。
 それに例えば公園のベンチとかでウーバーのバッグから商品出して食べてると、はたから見たら勝手に商品食ってるように見える可能性もなきしにもあらず。
 気を使いますね。

 ・そして今回初めて経験したのはお店からのキャンセル。
 初でした。商品が売り切れて注文に答えれないと言うことでした。
 
 これがなんか時間が取られてめんどくさかった。

 やれやれ。

ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。
FILA裏起毛。

 食べ物をないがしろにするのは本当によくない。

 気温が微妙であまり厚着もできないし、薄着は寒い。
 着込むと汗ばむ、のち寒い。
 結構風邪引きになりそうなので、かなり気を使っています。

ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。
でたタピオカ。

 ここのお店は韓国料理屋さんで、昼行くとオーナーさんらしきおじさんが、可愛いタピオカを渡してくれます。そしていつも「頑張って〜」と上から無表情で言ってきます。
 なので「ありがとうございま〜す」とにっこり笑って返しています。

ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。
と送ったものの。

 僕は建物の名前と住所が一致していない場合は必ず確認をとります。
 建物の名前がなく部屋番だけだったりした場合も確認をとります。
 住所だけで建物の名前もない場合でも、一軒家かどうか確認をとります。
 
 なぜなら大抵その住所は間違えているから。
 聞いておけば早期発見に繋がって早く対処できます。
 間違えていなければそれはそれで丁寧だと評価されるはずです。
 

ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。
出たよ。

 いきなりキャンセルきました。
 お金もらえるからいいんだけど、でもね、ほら商品が浮くしね。
 なんだか罪意識が生まれるんだよね。

 食べ物をないがしろにするのは本当によくない。

ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。

 どこ走ればいいの〜〜!!!

 丸栄の裏の道にこんな道路標識があった。
 ここは車は一方通行なんだけど、自転車は両方通行です。
 大体のところはきっとそうなんじゃない? もしかしたら。

ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。

 自転車の運転のことについてよく危ないだとかなんとか言われて、ウーバーイーツはその的になっている傾向があります。

 が!!!

 どうでしょう?

 自転車専用道路って扱いが酷くないですか?

 歩道側にある時も余裕で人歩いてるし、車道側にある時も余裕で車が停まってる。
 どこ走ればいいの〜〜!!!
 ってなる。

ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。

 最近老眼が酷くて、携帯の文字が読めなくなってきた。
 やばい。

ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。

 11月1日金曜日からエリアも拡大。
 どんどん遠いところの注文が入ってくるはずちょっと遠いくらいでガタガタ言ってられない。
 4キロ5キロは当たり前の世界になっていくだろうなぁ。

ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。
ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。

 新人の配達員さんは気をつけるべし!

 本日のメインイベント。

 出ました!
 松のや名駅西口店。

 ま、大したことではないのですが、僕はここで無駄な30分を過ごしました。
 ただそれだけです。

 注文の品を取りに行くと、他にもウーバー配達員がいて、料理を待たされているお客さんもいて、店内は静かなのですが、なにやら忙しそう。

 いつものように商品番号を伝えると。

 「その注文のカレーは、今日はもう終わってなくなったのでキャンセルしてください!」いやいやいやいや。

 「えーと、配達を開始する前の出来事なので、そちらからサポートセンターに連絡をして対処してもらってください」配達開始ボタンを押す前のことなので配達員は関与しないほうがいいと思います。

 「いつもは客さんに配達員さんが連絡をとってもらって、別のメニューに変えます」いやいやダメだろう? ウーバーを通した注文が勝手に書き換えられたら、なんでもありになってまうやん。

 「いえいえ、お客様と連絡を取るためには配達開始ボタンを押さないといけないです。開始ボタンを押してしまうと、こと問題が複雑になります。そちらのミスなのでそちらでサポートに連絡をしてもらっていいですか?」危うく責任がこっちにくるとこだった。

 「わかりました」と言ってはいたが、なんかしている雰囲気はない。
 
 とにかくここで一旦松のやの外に出た。

ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。


 待てど暮らせどキャンセルがされない。
 こちらで勝手にキャンセルをするとお金がもらえないといけないので、ここは待つことにした。
 そしてもう一度店員に聞くと、今連絡した。とか、しているとか? サポートが繋がらなくて待っているとか?

 これはなにもなされていないな?
 キャンセルが来なければ僕は次の仕事にいけない。

 困る。

 仕方がないのでこちらからサポートセンターに電話。
 混んでいるようでかなり待ったが、しばらくすると繋がって、女性のサポートにことの顛末を伝え、コールバックを待つことに。

 サポートから非通知で電話がかかってきた。
 すべて正常にことを運びキャンセルもこちらのサポートがやってくいれて配達の料金の代わりに500円支払われるますとのこと、で、電話をきり、正常にキャンセルがされた。

 話をして憶測混じりだけど、サポートはまず最初にお店に状況を確かめるために電話をして、その旨をお客様に電話連絡をし、もう一度お店に連絡をして、そのあと配達員に連絡からのキャンセルだと思うのだが、多分お店側が電話に出ていない気配なので、この後も色々処理をしてくれているのであろう。
 今回のサポートの人はかなりいい仕事をしてくれた。本当にありがたい。これぞサポート。
 
 このあと松のやの店員が飛び出てきた。
 「キャンセルできました!!」と喜んで伝えてきた。
 「大変お待たせしました!」とトラブルが解消できたことを嬉しそうにしていたが、それ解決したの僕の方ですから〜! の気持ちをひた隠し「ありがとうございました」と言ってその場を去りました。

 やれやれ。

 ツイッターでこの辺のことを呟くと、松のやはこのトラブルがすごく多いそうだ。
 外国人スタッフが全く対処できないらしく、仕方がないので、配達員は身を呈してお客様に連絡をとり別のメニューに変更するなのどの手続きをしたりしているそうだか、これはお金が絡んでいることなので勝手にやらないほうがいいと僕は思います。

 めんどくさい問題に発展することも多いはず。
 
 新人の配達員さんは気をつけるべし。

ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。
ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。
ええ顔しとる。

 またあったら情報交換しよう。

 度々ある。
 ドアの前に商品を置いておいてくださいっていう注文。
 いいんだけどね、なんだろう?
 お客様を見れていない時のもどかしさってあるね。

 ウーバーイーツはこんなことあまりないからまだいいけど、普通の宅配のヤマトとか佐川とかほとんど宅配ボックスだろうし、なんか心が通わないよね?

 ま、いいんだけど。

ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。

 自分で買いに行けば安いもんなのに躊躇せずウーバーを使えるって、きっと若いだね〜。
 僕は貧乏性だわ〜。

ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。

 なかなか疲れて自転車こいでたら、フレンドリーに声をかけてきてくれた人がいた。
 ありがたいね〜。
 他の配達員さんとのちょっとした会話は結構癒されたりします。

ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。

 名前聞いとくの忘れた〜。
 またあったら情報交換しよう。

ブログ<UberEats配達員たくやオンライン>用の画像です。

 まとめるとだな。

 ・たくやオンライン前世は犬。
 ・キャンセルはないほうがいい。
 ・自転車専用道路ないがしろにされすぎ。
 ・エリア拡大始まる。
 ・店のミスは配達員が抱え込まないほうがいい。サポートセンターに連絡してもらう。かこちらがする。
 ・ドアの前に商品おくのはちょっと寂しげ。
 ・若い子はウーバーを躊躇なく使える。
 ・他の配達員さんと仲良くしよう。気があう人もいるはず。

 以上!

 あなたに感謝をしています。ありがとうございます。

 このブログ記事を最後まで読んでいただいてありがとうございます。楽しんでもらえたらこれ幸いです。
 もし何かあればコメントを書いてくださるとありがたいです。
 これからも沢山記事を書いていきますので、どうぞ心の友達の一人に入れてやってください。
 よろしくお願いいたします。

 共に頑張りましょう。by たくやオンライン

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください