gorico

大須のUberEats加盟店に行ってきたよ!持つべきものは友達かもね、ie gorico(イエゴリコ)

時空を超えた存在、それが友達。

 木曜日はなるべくおやすみするようにしているんだけど、ついつい遊びに行っちゃうこと多いんだよね。

 家で本でも読んでりゃいいのについついね。

 ついついと言いつつ、まぁそのうち行こうと思っていたのが、大須の結構端っこに位置する飲食店の、ie gorico(イエゴリコ)さん。

 さらりと行ってきた。
 なぜなら友達の店だから。

 それを知ったのはツイッターでウーバーイーツに新しい店舗が加わりましたとタイムラインに流れてきたのがきっかけ。
 世の中便利だね。
 「じゃあ行かないと」と思っていたんだけど、きっかけがなかなかね。

 正直、僕自身がウーバーイーツ 配達員をマジでやっていることは、ほとんど友達や友達と言えるような人にも、誰にも告げていないんだよね。

 理解者が少ないので一々説明するのがめんどくさいってのがあって、なかなか言い出せないでいる感じです。

 でも、僕も名古屋で育ってますからね、結構頻繁に知り合いやら友達やらと街ですれ違うことがあるんです。

 要はもうバレているし隠すつもりもない。
 そう自然に知って欲しいんだよね。
 自然な速度で知って欲しい。

 で、木曜日の夕方に、ie gorico(イエゴリコ)行ってきたわけさ。

 店長のゴリさん(僕は昔の呼び名のてっちゃんと呼んでいます)が開口一番。

「おお、たくちゃん久しぶり、最近ウーバーイーツ やってるの? 2回くらい見かけたよ」。

 かーなり話が早い。
 さすがは20年の付き合いがある。
 この端折り方最高。
 時空超えてる。

 そう時空を超えた存在、それが友達。

 あなたの友達、たくやオンラインです。

 さて、最近はウーバーイーツ加盟店に出向いて食べたり話したりするのをゲリラ的にやっているのですが、まぁ気軽に行けるところってなかなかないんですよ。

 そこで最近ie gorico(イエゴリコ)がウーバーイーツを始めたので、これはいつか訪問したいなぁと思っていたので、行ってきました。
 
 そもそも最近の大須の過熱ぶりは異常でもう昔の面影はなくて、とてもコマーシャルなものになったと思います。
 もちろんそれがダメというわけではないです。
 商店街全体で集客が沢山できた方が絶対にいいので、むしろ大賛成なのですが、個人的にちょっと寂しいというだけです。
 
 ノスタルジーってどんどんなくなっていくばかりなんですよ。
 歳食って本当に思うことです。

 まぁそれも悪くないのですがね。

こんな場所に古民家的お店があるなんて意外とみんな知らないんじゃない? ie gorico(イエゴリコ)

 そもそもは新栄2丁目の裏で営業していたお店ですが、結婚やらなんやらで移転したんですよね。
 結婚でここまで人が変わった人は僕のまわりでは彼だけだと思います。

 素晴らしいの一言ですな。
 料理は昔から美味しかったからね。
 よくたらふく食わせてもらった覚えがあります。

 さて久しぶりの再会です。

見てこの裏路地感。よく探したよね。こんなレアな物件。

 山本太郎のポスターがやたら気になりますが、それすらも味になっている気がします。
 よそのお店の端っこに入り口があるというこのヤバさ半端ない。

愛知県名古屋市中区大須4-1-12
矢場町駅から273mです!
この通路に入っていく勇気普通ないよね。

 この奥をさらに行くんです。
 暗いしね、じゃりじゃりだしね。
 天井低いしね。
 頭打つしね。
 完全にアリスインワンダーランドでしょう?

とにかく建物は古い。そこが味。ほぼ婆ちゃんちです。

 何回来てもわくわく感があるんだよね。なんでだろう?
 不思議だわ〜。

謎の石、何故かたまに手を合わせてしまいます。不思議。

 このオブジェはどこから持ってきたんだ?
 本当に不思議。
 きっとずっとここにあったんだろうけどね。
 水出てるし、マイナスイオン出てるねきっと。
 ここでさらにお客を虜にするんだろうね。

謎の球体
日本人ですからついついそうもしたいとこですが、それをこんなこと言うなんてね。

 「うち土禁なんで」と怒られるお店があとを立たない昨今。
 このお店は靴のまま店内へGOとま書いてある。
 そしてふりがな付き。
 熱い!

映える飯を出してくれ適当に、と頼んでもきっちりやってくれる素晴らしいお店なのです。

 とりあえず話がしやすいようにカウンターの一番奥を陣取りました。

 これはウーバーイーツたくや的な料理じゃないか!
 といちいち感嘆しながら楽しみました。
 どっちから撮った写真がいいかな?

 どっちのアングルでもうまそうだね。

 やっぱ肉だね。
 ポークだね。

 やっぱ肉だね。
 チキンだね。
 後ろの席の人たちに頼んで撮らせてもらった。
 そんなこともゴリコだからできちゃう。
 ありがとうございます。

 ボックス席もちゃんとある。

 古民家的洋食屋でしょう?

 僕はかなり早い時間に入店したのですが、時間がちょっとたつと最終的にすぐ満室になっていました。
 すご。

 ちなみに営業時間はね。

 ランチタイム[火〜金] 11:30〜14:30 ※ランチは祝休
 ディナータイム[月〜土] 17:00~24:00

 定休日 日曜日、第2月曜日営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

 とのこと。

で、毎度のことなんだけど、ウーバーから注文てどれくらい来るものなの? としらじらしく聞いてみた。

 「うーん三日に一回くらいかな?」とサラッと答えてくれました。
 と同時にそれは少なすぎるな。

 ゴリコはただでさえテクノロジーから遠いところにいるんだから、なんとかしなきゃと勝手に責任感じています。
 なんとかウーバーを盛り上げないといけないなぁ〜。
 
 何ができるんだろう?
 
 考えると深いね。

さぁゴリコをウーバーで注文しよう!

ウーバーの画面にはこんな感じで載っています。
定番メニューはこちらですね。

人との出会いは外に出ないとないものだな。つくづく思う。 by たくやオンライン

 なんかウーバーイーツくくりでツイッターやっているといろんなつぶやきがあるわけですよ。

 良い悪い別として、みんなスムーズな仕事を求めているんです。

 タワーマンションやらでかい団地で迷子になったり、そもそも住所不備だったり、お店でやたらと待たされたり、色々あるんです。
 
 で、その中でもやはりもっとさっさとやれないのかな?
 と思うのが、大きなスーパーとかデパートの中にあるウーバーイーツ店舗にピックアップしに行くときに、自転車を遠くに停めないといけなかったり、受付のサインをしたりパスをもらったりと手間がやたらとあったり、さらにエレベーターの待ち時間が長かったりと結構いらない手間があったりします。

 せめて駐輪場がそばにあってもいいでしょう?
 なんか知らないけどすぐ防災のガードマンでてくるんですよね。

 でもね。

きた! チャンスはチャンス!!

 で、ラッキーなことにゴリコのカウンターに座っているとたまたま隣にパルコのお偉いさんが座ったので、色々お話しできました。

 パルコで、なんか複雑な仕事している人なので、口出しもいけるんじゃないかな? と踏んで突っ込んだこと言って来ました。

 「搬入口のウーバーイーツ配達員専用の駐輪場を3台分でいいから作ってくれないですか?」と口説いたら「わかった伝えておく」と男らしく言ってくれました。

 よし!

 僕は今、いい仕事をした。
 
 できるといいな駐輪場。
 ウーバーイーツのみんなが少しスムーズに仕事ができると嬉しい。

 ですか、彼も本当だったら定年している年らしく。

 「オレ忘れちゃうからなぁ〜」口走っていたので、「駐輪場は覚えててください」と念を押したところでお店を後にしました。

 ie gricoありがとう!!!!

 持つべきものは友達ですな。

 ウーバーイーツ配達員やってますけど、やはり家からは出た方がいいと思う今日この頃。
 ウケル(笑)。

 あなたに感謝をしています。ありがとうございます。

 このブログ記事を最後まで読んでいただいてありがとうございます。楽しんでもらえたらこれ幸いです。
 もし何かあればコメントを書いてくださるとありがたいです。
 これからも沢山記事を書いていきますので、どうぞ心の友達の一人に入れてやってください。
 よろしくお願いいたします。

 共に頑張りましょう。by たくやオンライン


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください